ホーム > 美容 > コラーゲンの減少が肌のたるみを作る!

コラーゲンの減少が肌のたるみを作る!

40歳代に入り、年齢を重ねるごとに、朝起きた時に枕の跡が顔に残っていたり、「顔が優しくなってきたね・・・」「シワが増えた?」と言われるなど、肌のたるみやシワが目立つようになってきます。

しかし、女性なら誰でも、いつまでもたるみやシワのない若々しい顔でいたいと願うものです。

そんな肌のたるみの原因は、肌の真皮という部分に存在するタンパク質の一種であるコラーゲンという成分の減少にあります。

このコラーゲンは、肌内部の他に筋肉や骨、内臓、関節など、いろいろなところに存在し、さまざまな働きを担っていますが、肌内部のコラーゲンは、ゴムのような弾力性を持ち、肌にハリを与えています。

また、中には、シワのできる原因は肌の乾燥からと思い込んでいる人もいらっしゃるようですが、シワができる主な原因はコラーゲンの減少、劣化によるものです。

しかし、このコラーゲンは、年齢とともに減少し、さらに、紫外線などの影響で劣化して弾力性が失われて、肌のたるみやシワが目立つようになります。

このように失われたコラーゲンは、40歳代に入るとほとんど再生されなくなりますので、たるみの改善を促す化粧品を使い、さらに、普段の食事でコラーゲンを含むトリガラ、うなぎ、手羽先などを積極的に食べるように心がけることが必要です。

ですが、食事から摂取したコラーゲンは、内臓や筋肉、関節、目などに優先に使われて、肌内部に届く順番は最後になるので、十分な量を食べるようにしましょう。

http://mofukani.com/

また、その他に、たるみの原因として表情筋の衰えが挙げられます。

人の筋肉は動かさないとどんどん衰えて低下してしまいますので、顔の筋肉を鍛えるエクササイズを取り入れるようにしましょう。